チャンピックスで確実に禁煙したい!そんな人には通販が良い!

禁煙にチャンピックス

チャンピックスとは
チャンピックス(α4β2ニコチン受容体部分作動薬)は初めて日本で内服薬として開発された禁煙治療薬です。
68%以上の喫煙者がチャンピックスで効果を得られています。

ニコチンを摂取すると、脳内ホルモンのニコチン受容体に結びついてドパミンという快感物質を出します。
ドパミンが出されることで「満足」「快感」を得るのです。
しかし、ニコチンによるドパミンの放出時間は15分程度という短さなので、ニコチンがからだの中からなくなるとドパミンは更に満足感や快感を得ようとはたらいてしまいます。
これがニコチン依存症にもつながっていくのです。
「イライラ」「落ち着かない」などの離脱症状が頻繁にみられますが、これらはドパミンが満足できずに起こる症状なのです。
この症状を安定させるために、ニコチンの摂取を繰り返してしまいます。
チャンピックスの主成分「バレニクリン」は、ニコチンと同じようなはたらきをすることでタバコへの欲求を徐々になくしてくれます。
チャンピックスを服用すると、ニコチン受容体と結びついて少量ですがドパミンが出ます。
このとき、すでに満足感や快感を得られているので、タバコを吸っても「おいしい」と感じることはなく、逆に「まずく」感じるのです。

服用方法
服用方法は、最初の3日間は、0.5mgの錠剤を1日1回食事のあとに水や白湯で飲みます。
4日目から7日目までは、0.5mgの錠剤を1日2回朝と夜の食事のあとに水や白湯で飲みます。
8日目以降は、1mgの錠剤を1日2回朝と夜の食事のあとに水や白湯で飲みます。
最初の1週間は服用しながら喫煙もできるので、いきなり禁煙する必要はありません。
2週目からは禁煙しなければいけませんが、チャンピックスの効果の発揮時でもあるのです。
服用することで、あるふたつの作用を引き起こしてくれます。

ニコチンがからだの中からなくなっても、この薬のおかげでドパミンが出されているので「イライラ」「落ち着かない」などといった離脱症状をおさえてくれます。
これを「刺激作用」と言うのです。
ニコチンを摂取しても拮抗してくれるので、ニコチン作用を減らして満足感を得られにくくするのです。
これを「拮抗作用」と言います。

病院に行って処方してもらうのもいいですが、手間やコストを省きたいと思いませんか??
携帯やパソコンで「海外通販・購入 禁煙治療薬」と検索してみてください。
海外の通販・購入は、病院で処方してもらうより1/5~1/10の値段で購入することができます。
通院の手間や、コストを省くことができ、先発薬と同じ成分を使って開発されているので、効果も期待できます。

ニコチンで、大きな病気を引き起こす前に、早めの禁煙をオススメします。